モブプロな人たちのブログ

Web サービス開発しているエンジニアの日記です。Python 大好き Flask 大好き。たまに Swift で iOS ゲーム開発も。

最優先事項を優先するために

7つの習慣」まとめシリーズ。

今回は、第3の習慣です。

f:id:kaorr_mob:20171224131434p:plain

優先事項は何だろう

今回は、まず以下の質問を考えてみましょう。

  • 質問1:プライベートの日常生活において、今は継続的にやったり、そもそも1回もやったことはないけど「コレやっといた方が良いんだろうなぁ」「コレが出来るようになると、役に立つだろうなぁ」というものは、何かありますか?

  • 質問2:質問1と似てますが、ビジネスシーンにおいて「コレやったことないけど、本当はやった方が良いんだろうなぁ」「いつもやる気が続かなくて三日坊主になるけど、本当はコレを習慣にしたいんだよなぁ」というものは、何かありますか?

改めて時間を整理する

では、先ほどの質問の答えを頭に浮かべながら、一日の、または一週間の流れを考えてみます。

なぜ、それらに取り掛かる時間を作れないのでしょうか?

それらは、本当にやるだけの価値があるものなのでしょうか?

やりたくないことに、振り回されていたりはしないでしょうか?

自分が大事だと思うことを頭に入れながら1日を過ごすと、一週間を過ごすと、また何か新しいものが見えてきます。

改めて、自分が何にどれくらいの時間を使っているか、見直すことが大事です。

燃えるような YES

今までやっていなくて新たに何かやろうと思った時、問題となるのはやはり「時間の使い方」だと思います。今までの時間の使い方でいっぱいになっているはずなので、何か新しいことを始めるにはそこを何とかしないといけません。

その時、自分の中に「燃えるような YES」がないと、「毅然とした NO」を言う事が出来ません。

「どうしてもコレがやりたい! だから、今までやっていたコレはもうやらないようにする!」と、しっかりと思えるかどうか。

上司から新しい仕事を頼まれた時、友人から何かお願い事をされた時、「大変申し訳ありませんが、私は●●をやるために時間を確保したいため、どなたか別の方をあたっていただけますか?」と、しっかりと言えるかどうか。

その時、「なあなあの YES」しかなければ、断られた方も良い気がしません。そんなことのために断るのか、と思う人もいるでしょう。

「あぁ、なるほど、それなら仕方ないな」と思ってもらえるか、思わせる事ができるか。そのくらいはっきりとした YES を持っていないと、自分自身に対しても、自律的な行動を促すことはできないでしょう。

f:id:kaorr_mob:20171224135248p:plain