モブプロな人たちのブログ

Web サービス開発しているエンジニアの日記です。Python 大好き Flask 大好き。たまに Swift で iOS ゲーム開発も。

マネジメントとリーダーシップの違いとは

ふと思いついたのでまとめてみます。

f:id:kaorr_mob:20171220195255p:plain

ドラッカーの一言が全てを語ってた

あの「Management」で有名なドラッカーです。

結構前ですが、日本では「もしドラ」が流行りましたね。

そんなドラッカーの簡潔な一言が、

Management is doing things right; leadership is doing the right things.

うん、分かりやすい。

マネジメントとは

doing things right

意訳すると、

コレはこういう風にやるって決めたんだから、こういう風にやるんだよ

ソレはこういう風にやった方が効率良いよね、だからこんな感じでよろしく

という感じですね。

すでにやることが決まっていて、それをいかに効率的にこなすか、というところです。

リーダーシップとは

doing the right things

意訳すると、

この目的を達成するためには何に取り組めば良いだろう・・・そうだ! これにしよう!

この作業は大事だと思って取り組んできたけど、もう今のフェーズには不要だな、今日から止めよう

という感じです。

何をやるべきか、何をやらないべきかを見定め、正しくないことはやらないようにする、というところです。

マネジメントとリーダーシップは排他的な関係?

そんなことはありません。むしろ、一人の人がマネジメントとリーダーシップをバランスよく持っている状態が理想です。

会社の枠組みで考えると、昇進して管理要素が増えていけばいくほど「リーダーシップ」が重要になると考えます。

マネジメント」ではなく「リーダーシップ」ですね。

逆じゃない・・・?

と思った方もいると思いますが、逆ではないのです。

「マネジメント」の比重が高まってしまうと、既存の決められたルールから外れないように、ムダだと分かっていても続けよう、という考えになってしまう可能性が高いのです。

逆に「リーダーシップ」の比重を高めていくことで、「コレとコレはまとめられるね」「ここの部分は要らなかったね」という風に、本来目指す方向と関係ない部分を削ぎ落とすことが容易になります。

おわりに

改めて、自分は「マネジメント」と「リーダーシップ」をどのようなバランスで持っているか、冷静に見直してみるのも良いと思います。