モブプロな人たちのブログ

Web サービス開発しているエンジニアの日記です。Python 大好き Flask 大好き。たまに Swift で iOS ゲーム開発も。

運用エンジニアからインフラエンジニアに転身した話

私は、3年くらい前、運用エンジニアからインフラエンジニアに転身しています。

その後、更にアプリエンジニアに転身するのですが、今回は前者の話。

f:id:kaorr_mob:20171221154833p:plain

学生時代の話から

高校卒業後は専門学校に通い、ネットワーク専攻のクラスで3年間、ネットワークと周辺知識を学びました。

当時としては珍しく(?)、授業では1〜2人に1台ずつくらい実機(ルータ、スイッチ)を与えられ、ゴリゴリとコマンドを叩きながら学んでいくスタイルでした。おかげで、理論だけに偏らず、基礎的なところからネットワークを学ぶことが出来ました。

そして、在学中に CCNA を取得し、「さぁ、ネットワークエンジニアだ!」と意気込んで就職活動に入りました。

しかし、当時かなり社会を舐めていた私は、そんな意気込みもすぐに消えていき、テキトーに企業を受けては落ちたり、内定をもらっても辞退したり、かなりフラフラしていました。

そして気付くと秋になっていて、「あ、やば、就職できなくなる・・・」と焦りながら、滑り込みでとある会社に入社することになりました。

ネットワークのネの字もない現場

当時在籍していた部署は「ネットワークなんちゃら」という部署でした。そして、私は CCNA を取得していました。

となると、当たり前のようにネットワーク系の現場に入ると思っていたのですが、ところがどっこい、ネットワークのネの字もない現場でした。

ping さえ打つ場面がなかったのです。

とはいえ、社会人として底辺を歩んでいた私にはちょうど良かったのかもしれません。ステキな先輩たちに恵まれて、色々と成長させていただきました。(人間としての成長 > エンジニアとしての成長)

ネットワークの知識をムダにしていることへの罪悪感

その後、現場を移りました。運用エンジニアというより、監視オペレータと言った方が適切なくらいの業務内容でした。

そして、ふと「あれ? 専門学校で3年間も学ばせてもらったのに、そのネットワークの知識めちゃくちゃムダにしてないか?」と気付いてしまいました。

親のお金で、高いお金を払って、専門学校に通っていたのに、そこで学んだことを全然活かしきれていない。そんなんで良いのか? と思い悩んだのです。

ネットワーク猛勉強

人間、一度本気で何かに気付くと強いものです。その後はムダにした(と思っていた)時間を取り戻すべく、猛勉強しました。

  • CCNP / CCDA / CCDP を取得
  • ネットワークスペシャリスト試験に合格
  • CCIE 取得を目指し、Cisco のルータ2台、L3スイッチ4台を購入
  • アメリカの CCIE トレーニング用テキストを購入 (FedEx で郵送されてきたけど、郵送費用だけで 3万くらいした・・・。)
  • GNS3 (Cisco IOS エミュレータ) をヌルヌルに動作させるため、ハイスペック PC を購入
  • CCIE は挫折
  • どうせならシリコンバレーで働きたいと考え Gaba に通い出す(中二病)

そして、その勢いそのままに、転職エージェントに向かいました。

転職によりインフラエンジニアに転身

前述した独学の勉強内容が評価され、特に問題なくインフラエンジニアになることができました。

その後、色々と大変な時期もありましたが、基礎からしっかりと勉強していたおかげで、そこまで困る場面はありませんでした。

勉強って大事ですね。