モブプロだった人のブログ

モブプログラミングに魅了されたエンジニアのブログ

アウトプットを続けることの大切さを学んだ話

昨日の投稿をもって、一人アドベントカレンダーが終了しました!

f:id:kaorr_mob:20171226182804p:plain

アウトプットの大切さ

アウトプット、大事ですね。本当に大事ですね。

インプットだけで終わらせた時と、アウトプットするためにまとめたときを比べると、圧倒的にアウトプットした時の方が記憶に残ります。理解できています。

これまでも「あぁ〜、アウトプットしなきゃ〜」と思いつつ、うまく習慣化することが出来ていませんでした。今回、アドベントカレンダーのおかげで、半ば義務的に更新出来たおかげで、アウトプットの大切さを改めて理解することができました。

アウトプットを続けることの難しさ

しかし、アウトプットを続けるのは、とても難しいです。

あああああネタがないいいいいい」と、何度思ったか数え切れません。

「よし、今日はネタ探しするぞ〜」と意気込んでも、「あぁ〜、なんかネタとして弱いなぁ」などと思い、筆が進まず。

アウトプットを続けることの大切さ

しかし、徐々にネタを見つけながら、そこまで時間を書けずに書けるようになってきました。

常にアウトプットを前提として、日々を過ごすようにしてみたのです。

まあ、日々を過ごすと言っても、ブログのテーマはエンジニアの話に寄せているので、実際は「仕事をしている時」と「勉強をしている時」の2つですが。

「このタスクは、ブログで公開できるレベルに抽象化した時(一般化した時)、どういう風に捉えらえるだろう?」

「この技術は、一体どういうケースで利用されるんだろう? ストーリーを伴って理解しないと、ブログには書けないなぁ」

という考え方を採用してみました。

継続的にアウトプットするには、継続的にインプットするしかありません。

そして、その継続的なインプットが、継続的な成長に繋がると信じて、これからも書き続けていきます。まる。